チャットやコミュニケーションツールを使って思うこと

私がまだ若かった頃、というと自分がかなり年をとったような気持ちになってしまいますが、そんな気持ちになってしまうくらい本当に世の中便利になったなと感じる時があります。SNSもそんな1つです。SNSが浸透してきた頃、十分大人になっていた私はどちらかというと『安易に登録して大丈夫かな?』という気持ちでした。

当時ネットを介して仲間を探す=出会い系という勝手な構図が出来上がっていた私は、登録すること自体に抵抗があったものです。ですが、今はむしろなくてはならないツールになってしまっています。そうなったきっかけは、当時はまっていた趣味の仲間を探したいという気持ちが大丈夫かな?という気持ちより優ったことでした。そんな私のSNSデビューはmixiでした。当時は招待制ではなくなっていたので気軽に登録ができました。

すると、不安だった気持ちはどこへやら。次々仲間が見つかり趣味の幅が一気に広がっていったのです。私はすっかりはまってしまいました。何人か新たな友人も出来ました。普通に生活していたらおそらく出会うことのなかった人たちです。それから数年。今ではFacebookやLINEが普段はなかなか会えない友人たちとの貴重な交流ツールになっています。

私が学生時代にこういうツールがあったらもっとたくさんの友人たちとの交流が楽しめたのかもしれません。時に事件に巻き込まれたりなど危険が伴う場合があるとニュースで聞くととても心が痛みます。正しい使い方をすればSNSは本当にありがたいツールだと思います。これから私の子供達もSNSを使う機会が出てくることでしょう。そんな時、正しい使い方をして欲しい、と切に願う母でした。


Facebookと妊娠・出産



女性にとって妊娠・出産は、人生での大きなイベントです。どちらも多くの場合喜びや幸せにあふれる出来事です。最近問題になっているのが、Facebookでの妊娠報告・出産報告にまつわる問題です。とても喜ばしく幸せな出来事であるため、お世話になった方々にFacebookに記事をUPして報告しようと考えているなら、ちょっとストップ。あなたの妊娠・出産はあなたにとっては素晴らしい出来事ですが、まわりの人々にとっても素晴らしいことであるとは限りません。

こういった問題は女性にとってとってもデリケート。普段はわからなくても、思い悩んでいる人も多いのが事実です。そういった可能性に配慮した文章を考えましょう。また、実際に出産するまでなにがあるかわからない妊娠期間。報告したのちに、何か悲しいことがある可能性だってあるのです。

ですので、妊娠報告をする場合は安定期をすぎてからが良いでしょう。エコー写真などを投稿する方もいますが、「マタニティ・ハイ」になっていませんか?一度冷静になってみましょう。いかがでしょう。Facebookはボタン一つで簡単に投稿ができるために、プライベートとの境目が難しいものです。妊娠・出産するあなたは立派な大人の女性です。マナーを意識して近況報告ができると良いですね。


チャットは顔を見て話をしたいけど



現在のコミュニケーションツールは本当に多様化していると思う。実際に私もなくてはならない一つの手段になっているのも事実。遠くにいる人にも簡単に対話が可能だし今の時間忙しいかもとためらいながら電話するよりはメール一つ送る方が相手も自分も負担になることがないし。ただ時々思う事がある。

相手を目の前にすると例えば意見の違う事を言った時に相手の反応に敏感に察知し「まずい事言ったかな」と後々心に何か棘が刺さった気分になる事もある。そんな時顔を見ない方が楽なのかもしれないけれどそういう事の積み重ねが人間として色んな感情を知る一つになるような気がして。

これって結構大切な事なんじゃないかって深く感じる。簡単な方に逃げてばかりいると何か大変な事に出会った時に経験がない事で対処できなくて今の社会問題につながる気がします。恋愛なんかも「どうやって相手に気持ちを伝えようとか何をしたら相手が喜ぶのか」って事がメール一つで済ませてしまうから希薄なものになってしまうからちょっと気に入らない事があると嫌がらせを文字を通してしてしまう事になるのかも。

文字って結構きつい事を言えちゃうから。実際に目にしたら言えない事もかけてしまう怖さもある。だからといって今さらなくなるものじゃないし私もそれで知り合った人もいるので臨機応変に賢く使っていきたい一つのツールです。

アダルトチャット